よくあるご相談

FPmamaのセミナー
  • 来てほしい(出張)
  • 参加したい(会場)
  • 最新セミナー開催情報
  • セミナー参加者の声
  • セミナー料金のご案内
  • お金の豆知識
  • 奮闘!フレンズ日記
  • mamaフレンズ 講師募集
  • FPmama channel YOUTUBE
  • FPmamaグッズ販売

HOME > よくあるご相談 > お小遣い帳は見ても良いもの? > お小遣い帳はリビング等、皆が見ることができる場所で保管します。

よくあるご相談

< テストやお手伝いのご褒美におこづかいをあげてもいいの?  |  一覧へ戻る  |  おこづかいの金額の目安は? >

お小遣い帳はリビング等、皆が見ることができる場所で保管します。

おこづかい帳.jpg
私たちFPmamaFriendsでは
お小遣い帳は「家族みんなが見ることができるリビングやダイニングテーブルに置く」とご案内しています。

お金の管理を始めるうえで、お小遣い帳の記入は欠かせません。

特に低学年のうちは
「親が見てくれている・見守られている」という安心感が
記帳のモチベーションにつながります。


ここで親御さんにお願いしたいのは
「見守ることに徹する」ことです。
字が汚い、計算が間違っている、漢字が違う・・・
口を出したくなるのはグっとこらえて
「ちゃんと書いているんだね!頑張ってるね!」とほめてあげてください。

私たちFPmamaFriendsでアンケートをとると7割以上のお母さんが
家計簿は「つけていない」又は「つけていたが続かなかった」と回答をされます。
続けることは大人にさえ難しいことなのです。

「お小遣い帳を書くことが楽しい!」と思ってくれることがお金の管理の第一歩につながります。
お小遣い教室にご参加いただくと写真の
「ゆめをかなえるおこづかいちょう」をプレゼントしています。
市販されているお小遣い帳よりも罫が太く、
字を覚えたての子にも使いやすくしてあります。

表紙の裏にはお小遣い教室で習った「魔法の言葉」が復習できるように記載されています。
お小遣いで買いたいもの・やりたいことを書く場所もあります。
お小遣い帳を開くたびに、
お子さんは「目標を確認」します。
お小遣い帳を書いて残高を記入するたび「目標との距離を確認」します。
これを繰り返して、
「本当に欲しいものを見極める目や、予算内でやりくりする能力、今我慢して将来のために貯める力」
養っていただきたいと考えています。

執筆担当:前田菜穂子


< テストやお手伝いのご褒美におこづかいをあげてもいいの?  |  一覧へ戻る  |  おこづかいの金額の目安は? >

カテゴリ:

このページのトップへ