よくあるご相談

FPmamaのセミナー
  • 来てほしい(出張)
  • 参加したい(会場)
  • 最新セミナー開催情報
  • セミナー参加者の声
  • セミナー料金のご案内
  • お金の豆知識
  • 奮闘!フレンズ日記
  • mamaフレンズ 講師募集
  • FPmama channel YOUTUBE
  • FPmamaグッズ販売

HOME > よくあるご相談 > 教育資金や家計の不安 > 教育資金や家計の不安

よくあるご相談

< 只今準備中  |  一覧へ戻る  |  給与明細で差し引かれてるお金って何? >

教育資金や家計の不安

このままで大丈夫かしら? という不安は具体的な金額と日付を確認することで解消可能です
必要なものは紙と鉛筆。
無題.png
このように罫線をつくり、横軸に年度・縦軸は50万円刻みの金額をとり家族の年齢を書きこみます。

「子供一人あたりの教育費は1000万円」と言われていますが、いっぺんに1000万必要なわけではありません。

文部科学省が毎年実施している子供の学習費調査による
授業料等の学校教育費と給食費の合計
無題2.png
ざっくりですがこのようになっています。

この表を目安にお子さんの年齢ごとにこの金額にラインを入れていきます。
今未就園児さんのご家庭ならば小学校にあがったら学校関係で年間10万円、
1か月になおせば8~9千円程度の出費が増える計算ですね。
t02200391_0800142213400534771.jpg
学校にかかる金額を書き込めたところで
塾や習い事・部活などの学校外の活動を追加します。

学校外活動費
無題3.png
ご家庭によりいくつ習い事をするか、どんな塾に行かせるかで変わってきます。

高校生のお子さんがいる先輩ママからは「塾代が月4万もするからパートに出ているのよ~」と聞きました。
統計では公立高校の場合年19万ですが、こちらのご家庭なら統計の2.5倍もの出費があるのです。

さて、高校まで全部公立に進学したとすると、学校教育費と学校外活動費を合計すると約500万円です。
これに大学進学費用を足し"1人1000万円"という金額が言われています。
(参考:文部科学省「私立大学等の平成25年度入学者に係る学生納付金等調査結果」)

教育費にいくらかかるかグラフ化できたところで家計に落とし込みます。
グラフの縦棒は今の家計にプラスαして出ていく金額です。
学資保険の満期や進学用に積み立てているお金の引出予定額を違う色のペンで記入し
飛び出た部分が今から用意しなければならない額です。

あと何年でいくら貯めなければならない、という事がわかればあとは行動するのみ!
このグラフは家族にも見てもらって、今後のレジャーや車の買替をスケジュール化したり、
大きいお子さんにはコスト意識を持って勉強してもらうのも良いと思います。

総合的に考えるのが難しい、自分でこういう事を考えるのは苦手・・・といった場合はファイナンシャル・プランナーを頼ってみてください。
もちろん、FPmamaFriendsも子育て世代を応援します。お気軽にお問い合わせください。

執筆担当:前田菜穂子

< 只今準備中  |  一覧へ戻る  |  給与明細で差し引かれてるお金って何? >

カテゴリ:

このページのトップへ