HOME > セミナー参加者の声 > 親子おこづかいセミナー > 【富士宮】夏休み親子で学ぶお小遣い教室

セミナー参加者の声

< おこづかいセミナー参加者の声  |  一覧へ戻る  |  【清水】なりきりお弁当屋さんアルバム&ご感想 >

【富士宮】夏休み親子で学ぶお小遣い教室

2016年7月29日(金)は富士宮市役所さんのご依頼でお小遣い教室を開催いたしました。
14組33名の小学生の親子さんのアンケート結果です。

親御さん>
ゲームで遊ぶ子供たちの様子についてお答えください(あてはまるものに○複数回答可)
・楽しそうだった 12
・学びにつながっていそうだった 6
・レベル的にはちょうどよかった 5
・自分で決めることができていた 5
・計算が上手になった 1
・自分の買い物へのふりかえりができていた 1
・子供の性格が見えた→(同じだった・違っていた)同3

定額のこづかいが、子供の金銭教育に有効だと感じられましたか?
  (あてはまるものに○ 複数回答可)

・こづかいを渡してみないとわからない  3
・有効そうだ 6
・やや有効そうだ 5


今日の講座の中で、「家庭でのお金の教育」に使えると思われた部分を教えてください
・お小遣いの決め方(スパン・金額)
・お手伝いは無償
・銀行口座開設
・お金のあげ方×2
・こづかい帳の使い方×2
・定額制のおこづかい
・お小遣いをあげるタイミング、金額、考えさせる事・すべて!
・魔法のことば×4
・子供に考えさせるという事

子供の金銭教育の一環として「おこづかいゲーム」の利用を提案させていただきましたが、ご感想をご記入ください
・個性が出ていて面白かった(おこづかいください・ありがとうのトレーニング)
・おこづかい帳のつけ方を習得できた
・魔法の言葉がとてもわかりやすかった×3
・ゲームから自然にお金のやりくりを学んでいるようだった
・今まではおてつだいやテストのご褒美でお金をあげていたが、これからはやりくりを考えさせたい
・楽しく学べてよかった×3
・時間が短く感じた
・欲しいものを我慢している姿がかわいかった


最後に、ご意見・ご感想・子供へのお金の教育でお悩みがありましたら、ご記入ください
・学校教育の中にこのような機会があると良い。たくさんの親子にお話しを聞いてほしい。
・祖父や祖母にもらったお金はあればあるだけつかえると思われてしまっており、今回を機に話し合いたい。×2
・有意義な時間でした
・1年生の為、早すぎるかとも思いましたが、次回も参加したいと思いました。

お子さん>

1.今日は楽しかったかな?"
    ◎17
    ○ 2
    △ 0
    × 1

2.おこづかいはほしいですか?
◎16
○ 3
△ 0
× 1
3.おこづかいちょうは自分でつけられそう?
◎11
○ 6
△ 1
× 0
4.魔法の言葉はわかった?
◎15
○ 3
△ 0
× 0
5.将来の夢はなんですか?
動物看護士
服屋さん2
デザイナー2
自衛隊
運転手
幼稚園の先生2
美容師
サッカー選手
消防士
特になし
看護師
ピアノ教師
アクセサリー屋
歯医者
野球選手
怪獣
漫画家

お子さんのアンケートに楽しくなかったという子がいたのが残念です。
この評価をしたお子さんのことを考えてみました。

どの子か、ということはわかりません。
その子のキモチを振り返ってみたとしても
あくまでも私の予想です。

そんな状況ですが反省は大切なので
もう少しお付き合いいただければ幸いです。

ゲームの最後にポイントを集計します。
頑張って買い物を控え、お小遣いの残高が増えても
ゲームには勝てないように作ってあります。

貯めたのに点数が低く、がっかりしてしまった子が何人かいました。
可愛そうな思いをさせてしまって申し訳なかったのです。

私たちのプログラムは
「単に貯めるだけでなく、”おかねを上手に使う”練習」をする
ことを目的に作ってあります。

講座の最後に夢を聞くのですが
目的をもって「おかねという道具」を有効活用して幸せを手に入れられる子になる
ことが私たちFPmamaFriendsの願いなのです。

そうはいっても、
「貯まっていく様子が楽しい」という子もいます。
「ゲーム中に引いたカードに買いたいものが出なかった」という子もいます。
「ご両親から無駄遣いをしないように言われている」という子もいます。

「でも今日は”上手に使う練習なんだよ”」ということを
みなさんにわかっていただく時間もとるべきでした。

ご参加・ご協力ありがとうございました。
講師:前田菜穂子

カテゴリ:

< おこづかいセミナー参加者の声  |  一覧へ戻る  |  【清水】なりきりお弁当屋さんアルバム&ご感想 >

このページのトップへ