HOME > 活動報告 > 金銭教育セミナー > 【埼玉】2019.7.11高砂小学校PTA会員さま向けセミナー

活動報告

< 【中日新聞掲載】「買って買って」となんでも欲しがるときには  |  一覧へ戻る  |  【静岡】2019.7.17清水区有度生涯学習交流館|子育て連続講座 >

【埼玉】2019.7.11高砂小学校PTA会員さま向けセミナー

line_354950672756642.jpg
2019年7月11日、埼玉県のさいたま市立高砂小学校にて、
PTA会員さま向けに
「こんなにカンタン!わが子が育つ おこづかいセミナー」

 ~魔法の言葉で変わる、おうちでできる金銭教育~
を開催させていただきました
IMG_20190714_060321.jpg
約50名の会員さまがご参加くださり、会場は満員!
FPmama Friends代表のとこママの話がはじまると、
みなさま笑ったり、深くうなずいたり、真剣に熱心にメモをとる姿がみられました

関東の認定講師かめママからは、
自らの子どもたちにおこづかいをはじめてからの、うれしい楽しい変化についての話
男の子ならではの「あるある」で会場は盛り上がりました
PicsArt_07-14-05.57.23.jpg
ご参加いただいた会員さまからは
「日頃相談できないようなことも、とてもわかりやすく説明していただき、すぐに実践したいと思いました 親子の絆も深まる話がたくさんあり、親子で一緒に勉強していきたいと思いました」
「目からうろこの情報がたくさんありました」
「今日からスタートさせようと思います お金を大切にする子に育てるアドバイスが聴けて大変有意義なセミナーでした」
「魔法の言葉は、いくつになっても必要な言葉だと思いました」
など、たくさんのご意見をいただきました
お子さまへの真摯な愛情が感じられるご意見に、私たちもありがたい気持ちでいっぱいになりました

このセミナーをきっかけに、金銭教育の大事な第一歩である「おこづかい」を通して、

子どもが物を大事にしたり、親も子どもに心から感謝できるようになったりする親子が
少しでも増えたならうれしいです

 

高砂小学校のみなさま、PTAのみなさま、PTA会員のみなさま、ありがとうございました


カテゴリ:

< 【中日新聞掲載】「買って買って」となんでも欲しがるときには  |  一覧へ戻る  |  【静岡】2019.7.17清水区有度生涯学習交流館|子育て連続講座 >

同じカテゴリの記事

【静岡|島田市】家庭教育学級|わが子が育つ「おこづかい」のあげ方

2019年10月9日(水)
静岡県島田市立六合小学校で家庭教育学級の1テーマとして
おこづかい を再び取り上げていただきました。
前回は2017年12月当時の活動報告は⇒こちら
2019.10.09島田六合小学校2.jpg
お金の大切さをどう教えたら?
おこづかいはいつからいくらで?
ご褒美でお小遣いを上げるときの注意点は?
祖父母から高額のおこづかいをいただいたらどうしたら?
という事前質問を踏まえ構成させていただきました。

今回ご好評を頂いたスライドは
「仕事とは何なのか、どうして仕事をするとお金をもらえるのか」
でした。
”仕事でお金をいただくことは、
それをできない誰かが「力を貸してくれてありがとう」と言ってくれた証”
ということをお伝えしました。
『高校生の上の子にも伝えたい』と言っていただけてうれしかったです。

お仕事をしてお金を受け取ることを
「卑しい」という考え方でなく
もっとポジティブに
誰かの役に立ちたい!仕事をしたい!
という「明るい欲求」で続けることが出来たら
幸せだなと思っています。

ご参加いただいた保護者の皆様
お力添えくださった役員の皆様、校長先生
ありがとうございました。

担当:前田菜穂子




【静岡】2019.7.17清水区有度生涯学習交流館|子育て連続講座

静岡市清水区

有度生涯学習交流館さんの連続講座※の1コマとして

2019年7月17日(水)10時~12時

お小遣いの渡し方の講演をご依頼いただきました。
 

2019-07-27.png

資料の内容を一部大公開^^

 

4歳~中学生のお子さんがいる

18人のお母さんを前に

「お金とは何か」

「お金と交換しているモノの本質は何か」

「限りあるお金を上手に使うための優先順位」

「おこづかいを通して磨く消費者感覚」

「ご褒美としてのおこづかい導入のコツ」

などなど、

 

おもちゃやお菓子などの

単なる子どもの「お楽しみ」を買うにとどまらない

”金銭教育”としての可能性を

導入している家庭の事例を交えながら紹介させていただきました。

※連続講座のほかのテーマは

「アロマで幸せホルモン」

「母親自身の人間関係をうまくやる」

「非常食クッキング」

「子どもの心と身体」

「子どもの自律した原動力を引き出す対応」

でした。

すでに定員に達しているそうですが

どれも興味深いテーマですね。

 

「おこづかい」が一番興味がありました!

知らないアイデアを教えていただけました!

という参加者さまもいらして

熱心に耳を傾けてくださいました。

 

”子どもの自主性や社会性を育てる”

お家でできる教育としての

「おこづかい」のアイデアを

皆様にもぜひご紹介させてください。

 

お読みいただきありがとうございました。


担当:前田菜穂子

我が子が育つ「おこづかい」あげ方講座開催報告

2018.11.28.png

2018年11月28日

お母さん向けに

「子どもへのおこづかいのあげ方」

講座を開催させていただきました。

お話ししたこと

お金ってそもそも何?

お金と交換しているのは物だけではない?

いくらおこづかいを渡せばいい?

お金は大切なものだとどうやって教えればいい?

プレゼントやお土産の線引きってどうすれば…?

といったお話しを少人数という事もあり

じっくり掘り下げていくことができました。

今回ご参加いただいたお母さんの声

「魔法の言葉が印象的で、家に帰ったら子どもと話してみようと思います」(年長・年中ママ)

「自分ではうまく説明できなかったことを聞くことが出来ました」(小5・小2ママ)

金銭教育の輪が広がっています

実は、会場をご提供くださった

LifeSenseHome様ご担当の久保田さんも

夏休みに親子おこづかい教室に参加されています。

息子さんは3か月たったいまでも

「これって〇〇だよね」

とおこづかい講座で案内する

”魔法の言葉”をお父さんに聞いてくるそうです。

子どもの心に残る

魔法の言葉

一生役立つ

魔法の言葉

ピンとくるものがあればぜひ

お問い合わせください。

お読みいただきありがとうございました。

担当講師
前田菜穂子


静岡新聞による金銭教育特集

2018年10月5日静岡新聞(夕刊)でFPママ・フレンズの「おこづかい教育」が取り上げられました。
記者さんにはお母さん向け講座、親子向け講座と取材いただき、私たちが伝えていきたい事を丁寧に丁寧にまとめて下さいました。
ご覧いただければ間に合ってしまうほど素晴らしい記事ではありますが、10月31日より単発講座4回ご用意しております。
ぜひご参加くださいませ。https://ssl.form-mailer.jp/fms/ecec2c39587754
43183219_1927721150600266_8701800743255932928_o.jpg
担当
前田菜穂子
記事中
のおこづかい帳:横山沙織

【愛媛】児童館でのマネー講座

お久しぶりです。

FPmamaFrinds に所属し愛媛県で活動している白石史子です。

 

児童館の先生に声をかけていただき今年もマネー講座を開くことができました。

何で金銭教育をやるのか・・・。

それは、大きくなった時にお金に困らない為にもまだ小さい今のうちにお金について勉強しお小遣いを通して喜びや悔しさなどの経験をして、金銭感覚を養ってほしいからです。

皆さんの楽しそうな様子は⇒こちら
しらちゃんの個人ブログでご覧いただけると嬉しいです。


このページのトップへ