HOME > 講師紹介 > 北陸エリア > 生越 悟子(おごちゃん)

講師紹介

< 柴谷 幸子(しばやん)  |  一覧へ戻る  |  岡崎 周子(のりちゃん) >

生越 悟子(おごちゃん)

その人らしく!キャリアとマネーのカウンセラー

名前 生越 悟子
(おごし さとこ)
活動拠点 福井県
滋賀県
主な資格 AFP®(日本FP協会)
2級FP技能士(国家資格)
キャリアカウンセラー(CDA) 
NPO法人金融知力普及協会認定金融知力インストラクター
証券外務員一種
教員免許(中学・高校)
NPO法人キーパーソン21認定2級わくわくナビゲーダー 

順調な会社員生活が・・・

大学卒業後、かっこいい先輩社員(女性)に憧れて、保険会社に入社。

関西地区で個人・中小企業の営業を担当し、その後、指導職となりました。
新入社員4人の育成担当となり、指導職2年目には関西地区大卒新入社員の

育成チーフとなり、直接指導したり、研修講師をしたり、指導職のまとめ役となったりと仕事の幅は広がっていき、
超多忙だけど、楽しくてやりがいのある毎日でした。

同じころ、同じ会社の先輩と結婚し、第一子を出産。なんとか産休・育休後、元の仕事に復帰していたのですが、

夫が地方に転勤となり、地方転勤のできない職種だった私は退職しなくてはならなくなりました。

 

途方に暮れる毎日・・・

幼児を抱えながら、同じペースで仕事をすることに、しんどさを感じていたとは言え、退職は眼中になかった私、
誰も知り合いのいない福岡で、2歳前の長女がいて時間を持て余す毎日でした。
ありがたいことに第二子を妊娠したのですが、
働くこともできず、悶々としていました。
でも、このままでは、私らしくない!!せめて、今までしていた仕事を資格として形にしたい!と
ファイナンシャルプランナーの勉強を始めました。長女をファミリーサポートセンターの方に預け、
週2回、自分の時間と勉強の時間を確保。妊娠9か月のときに、試験を受けに行き、晴れて、FP資格ホルダーと
なりました。
 

子どもへのお金教育との出会い

FP資格を取得し、第二子を出産した、2001年、子どもの金銭教育をしてるFPさんと出会いました。

このころは、大手金融機関や大手企業が続々破たんし、就職も超氷河期で
世の中が変わっていく・・そんな時期でした。

今までは会社や社会が面倒見てくれたけど、これからは自分で判断し、決める時代だ!

それをお金教育を通じて伝えていきたい!と思いました。
それは、大人にも必要だけど、まずは子どもにこそ必要だと思い、子どものお金教育に取り組みました。
夫の転勤で、福岡を離れ鳥取へ。2003年にFP協会鳥取支部での「こづかいゲーム」講師でデビューしました。
その後も夫の転勤に伴い、鳥取→宮城→秋田→福井と転居。
その間もFP資格と金融機関での勤務経験を生かして、
証券会社、信託銀行、小中学校等で勤務しながら、転居しても、細々とお金教育を続けてきました。
 

お金と生き方

お金教育を続けていく中で、お金を考えるとき、その人の生き方を考えないと意味がないのでは?と感じるようになりました。
お金は生きていくためのツールでしかありません。
お金をどう使いたいのか?貯めたいのか?増やしたいのか?・・の前に
どんな働き方をしたいのか?
どんな生き方をしたいのか?
そんな話もしたい、考えたいと思うようになり、キャリアカウンセラー(CDA)の資格を取得しました。
人口が増え、モノがどんどん売れる成長社会は終わり、人口が減少し成熟した社会では、
今までの様に、大多数の人が当てはまる「正解」がないと言われています。
「みんなと一緒」から「その人それぞれ」へに変化しているんです。
だからこそ、その人なりの生き方を、自分で考え、選択することが必要になってきます。
これからは、お金や生き方・仕事について個別カウンセリングや、セミナーを通して
その人らしく自立した人生を送れるよう、お手伝いをしたいと思っています。



< 柴谷 幸子(しばやん)  |  一覧へ戻る  |  岡崎 周子(のりちゃん) >

カテゴリ:

このページのトップへ