HOME > 講師紹介 > 近畿エリア > 北野 美也子

講師紹介

< 堀川 まこと  |  一覧へ戻る  |  高木 あゆみ(あゆみママ) >

北野 美也子

働くママのライフアドバイザー

名前 北野 美也子
活動拠点 大阪・神戸
主な資格 2級FP技能士
相続診断士
DCコンサルタント

39歳

当時、中2と小3の娘を連れて家を出る

大阪府堺市在住

23歳から保険の仕事を始め、
今年で保険業界30年目。
同じく23歳で結婚。
2度の産休、育休を取り
仕事を続けてきました。
今では天職と言える職業となり、保険営業マンでは珍しいですが、1度も仕事が嫌で辞めたいと思った事はありません。
目標設定、マーケット、アプローチ話法等、全て自分で作り上げていく仕事がとても楽しく、油断したら仕事をしてしまう程、没頭できる職業と出会えました。

しかし、家に帰ると
私の言うこと、する事、全て否定、反対される。
口答えすると、大声で罵声を浴びされる。

大声で怒鳴られるのが恐怖で、私は家では全く感情を出さなくなり、当たり障りのない会話しか
しなくなりました。
しかし、外では生き生きと楽しく仕事をしている。
家と外の私は全くの別人となっていました。

ふと、ある時
未来予想図を描いた時、夫の姿はどこにもありませんでした。
これほどまでに、私にとって楽しめる仕事を否定し続ける人とこの先、
一緒に居る必要はあるのか?
何の為に一緒に居てるの?
お金?違う!
世間体?違う!
子供の為?
絶対に違う!

とうとう自分の気持ちと向き合う時が来ました。
自分の気持ちを夫に
ポロリと出した途端、今まで溜まってたものが濁流のごとく溢れでて。
結婚生活16年に終止符を打つことになりました。

45歳で乗合代理店へ移籍


離婚後、今まで以上に
ジャンジャンバリバリ
朝から夜まで仕事をしました。
なぜなら、とても不安だったからです。
この先、本当に1人で2人の娘たちを養っていけるのか。
不安をかき消す様に仕事に没頭する毎日が続きました。
同じ時期にピンの営業マンから組織をもつプレイングマネージャーとなり、新人研修、リクルート、トレーニング等、マネージメントにも携わりました。
人に教える事の難しさを知り、毎日が葛藤と落ち込みの連続でした。
しかし、次第に育てたメンバーが成果を挙げ、成長していき、人の成長がこれほどに嬉しいものなのかと言う喜びも知る事が出来ました。
この時、人に伝える、人に教える仕事が好きと気づきました。

毎日の業務、任務に追われる仕事ではなく、そして定年もない、
もっとお客様に寄り添える仕事がしたいと思うようになり、
22年間お世話になった保険会社を退職。
生命保険、損害保険全て取り扱う乗合代理店に移籍し、2012年11月から
新たなスタートが始まりました。

働く女性、働くママの力になりたい❗️


乗合代理店へ移籍して、
女性向けマネーセミナーの講師のチャレンジを始めました。

離婚をして、経済面の不安と、この先ちゃんと仕事が出来て2人の娘を育てて行けるのかという恐怖の毎日の時
アメリカの精神科医ウィリアムグラッサー博士によって提唱された
選択理論心理学
と出会いました。

選択理論心理学の幸せの定義とは、

全ての人間が生まれ持った5つの基本的欲求
  • 生存(健康)
  • 愛・所属(人間関係)
  • 力(仕事)
  • 自由(経済)
  • 楽しみ(趣味、教養)
上記の5つを全て満たされてる状態を幸せと言います。
以前の私は仕事で成功して、高い報酬を得る事が幸せになれると思ってました。
しかし、5つの欲求全て満たさないといけないのか、、、と気づき愕然としました。
その当時の私は
毎日寝不足で疲れ、気力だけで仕事をしていました。
仕事は順調でしたが、朝早く出て帰りが遅いので子供との会話はほとんど無く、、、
趣味に使う時間なんて全く無かったです。
そこから、時間はかかりましたが、今は5つの基本的欲求を満たす人生を歩む事が出来てます。
先ずは自分を満たす事。
それが出来たら次に
家族、そして自分の身近な人を幸せにしていく。
自分が幸せでないのに、他人を幸せにする事は出来ない。
長い時間かかりましたが、その事に気付きました。
結婚、出産、育児、しながらも仕事を続ける事の大変さ、辛さ、そして素晴らしさ。
自分が経験してきた事を等身大で、働く女性、働くママに伝えたい、分かち合う存在でありたい。
FPママを通して、
先ずは自分自身の人生をどんな人生にしたいのか、どんな人間になりたいのか、人生の目的とビジョンを明確にするお手伝いをしたい。
その中で、お金の勉強。
これからも縁ある人たちのマネーリテラシーの向上に貢献する人生を歩んで行きたいと思っています。

< 堀川 まこと  |  一覧へ戻る  |  高木 あゆみ(あゆみママ) >

カテゴリ:

このページのトップへ