HOME > 奮闘!フレンズ日記 > 伝えたいこと > ママの最新就活事情②

奮闘!フレンズ日記

< ママという生き方。  |  一覧へ戻る  |  子供にママの夢を託さないで! >

ママの最新就活事情②

北陸・近畿担当 キャリアコンサルタント系FPおごちゃんです。

前回、ママの就活事情について、今は、求人(人材を募集している)の数は
とても多いと書きました。

前回の記事を書いた後、厚生労働省の4月分の統計の発表がありまして、
それによると、求人倍率は1.34倍でした。
なんと、この求人倍率は1991年11月以来の高水準だとか。

(このときも1.34倍)
すんごい前ですねー
このころは、ほとんどのママが、まだ子どもだったのでは?
年がバレますが、私は大学4回生でした。
バブルの名残がある頃です。
就活事情も会社の景気も急速に悪くなる・・・そのほんの少し前です。

じゃあ、その景気が良いころと今が同じか?と言うと
同じなのは、数字だけだと私は見ています。
企業が人を採用したい、というのはざっくり二つ理由があって
ひとつは、事業を拡大するから採用したい(新規採用)
もうひとつは、今の状態を維持するために、辞めた人の後任を探したい(欠員補充)が
あります。
24年前は、まだ、事業拡大のための新規採用がメインだったと考えられます。
今は、欠員補充がメインです。
また、多くの企業は、ここ何年か前まで景気が良くないし、
日本は成熟社会になっているので、採用を控えめにしていました。
ところが、そうこうしているうちに、企業の一翼を担ってきた団塊の世代は
毎年大量に定年退職していくので、企業を維持してくために
採用を再開した会社も増えてきました。

だから、イケイケどんどん(笑)ではないので、
誰でも良いというのではなく、求められるレベルは
一定水準以上(後任を任せられるか等)になります。
たくさん求人があるから、採用されやすいだろうとは
ならないようです。

また、多くのママが希望する事務職は
IT化で、少人数入ればいいので、
年々減少傾向です。
事務職求人だけをみれば、求人倍率は0・36倍。
ざっくり言うと、ひとつの事務ポストを3人で争っている状況です。
事務職に土日祝休みで、と条件を付ければ、競争率はさらに上がります。

では、どうすればいいのか?
私の考えを。
長くなったので、次回に~~!!!

参考:厚労省の報道発表資料

illust3513.png

 


カテゴリ:

< ママという生き方。  |  一覧へ戻る  |  子供にママの夢を託さないで! >

同じカテゴリの記事

ママの就活事情~介護学生編~

こんばんは!
学生福祉系FPのひとみママです。

通信で通っている社会福祉士科は実費を出していますが…
日中通っている介護福祉士科は、雇用保険の制度を活用しています!
都道府県によって異なるので、詳しくは調べてみてくださいね(^^♪
ちなみに、名古屋の場合は名古屋高等技術専門学校の雇用セーフティネット対策訓練というのがありまして…

70105 JAVAプログラマ養成科
70107 総務・事務実務科
70110 医療事務総合サービス科
70112 介護職員初任者研修科
70113 介護福祉科
70114 電気工事士養成科
70115 こども英語講師養成科
70116 マーケティングデザイナー科

こんなに沢山の講座があるんですよ!
ちなみに私は、介護福祉士科2年課程に在籍中。

全国の職業訓練の情報は、こちらから入手できます。
随時更新!なので、気になる方は毎月半ばくらいに定期的にチェック☆

この制度の素晴らしいところは、
雇用保険のいわゆる「失業手当」を受給しながら、職業訓練を受けると

訓練が終わるまでずっと、
「失業手当」が貰える
というところです^^


あ、学費は教科書代等を除き全額免除です。お得!


さてそんな雇用保険の職業訓練である介護福祉士科にいる訳ですが
春ごろから就活を初めて、最近ようやく「ここかな…!?」という会社とマッチしました。
というのも、小学校に上がる子供がいると、どうしても働ける時間が制限されます。

私の住んでいる地域には、偶然にも
「最悪夜中まで、何なら泊りでも対応できますよ」
という学童保育が存在していたので
基本夫婦で何とか時間をやりくりしていくつもりですが、
いざとなったら使える制度があると知ることで
安心して腰を据えて就活が出来るようになったことも事実。

いわゆる小1の壁…学童では18時までしか見てもらえない!
18時までに迎えに行ける仕事なんて…ほとんどないよー!!
なんて泣きそうになりながら就活していたのに
その学童の存在を知った途端

働ける!!という喜び

半端なかったですね。

index.jpg

介護業界、確かに引く手数多なんです。
でも求めているのは新卒の子。
子持ちは「夜勤出来ないと正職員としては…」これが常套句。
でもね、その求めている新卒の子もいずれ、家庭と子供を持つわけで…
そこで子持ちとして良いキャリアモデルを示さなければ、辞めちゃうの!

そのあたりで、仕事大好き人間の私は散々悔しい思いをしてきたので
きっちり後輩に、いい背中を見せることができたらな、と思っています。

一方で、負担をかけることになるのは多感になってくる息子。
小学生になるために、張り切っている彼ですが
まだまだ甘えたい盛りなのはめにみえてわかります。


でもね。
例えば高齢者の福祉施設で行くと、優しい気持ちになれるんです。
おじちゃん、おばあちゃんパワーですね。

仕事が大変だ、つらい、しんどい。。。
そんな話を聞き続けて、将来に希望、見えるでしょうか?
さみしい気持ちはお休みの日にたーっぷり聞いて
休みの日にはしっかり向き合って、ついでに仕事のストレスリフレッシュ。
そんな就職ができたらなと、思っています。

無謀なチャレンジも含めて10社以上履歴書を送りましたよ!
一応、「新卒」扱いになるので。笑
でもやっぱり、一番狙っている業種は即戦力を求めているし、、、
卒業まで待ってくれない企業が多数。
つらい状況が続いていましたが、学童の存在でかなり救われました。


結婚してからどこに住むのか?

 ★保育園が近い、しかも延長対応!
ここまでは考えていました。

 ★駅からも近い、自転車県内にスーパーがある!
これも大事ですよね

 ★遅くまで対応してくれる学童がある!
でも学童のことまで頭は回らず、、
結果的に比較的近い場所に学童がありましたが
私の場合は偶然!


出産でいったん退職する方は特に
小学校に入学後までのライフプランを持ってから
住居やその周辺環境から地固めをしていく必要が
すごくあるな~と、実感している次第です!

学生福祉系FP ひとみママの就活事情でした☆

~働きたいけど働けないママへ~

静岡チームさおりママです。

今日はずっと伝えたかった心のうちを明かします。

一億総活躍とかもそうですが、

今ものすごく
「働くママ」にスポットが当てられていて、

ママが「働きやすいように」世の中が整えられてきています。

専業主婦世帯を共働き世帯が上回るようになったのは
もうずいぶん過去の事(1990年代半ば)ですが、

2015年のデータでは専業主婦687万世帯に対し、共働き1114万世帯と1.6倍。

そんな、ママが働くのがだんだん「当たり前」の感覚に近づいている世の中で、

スポットが当たらない「働かないママ」はすごく焦ったり迷ったり。

「私、このままでいいのか」感を強くしていると思うのです。

特に私が気になるのは、

「働きたいけど働けない」と思っているママ達の気持ち。

実際、私がその立場だから、
「私、このままでいいのか」感がすごく強いの、分かりますよ。

働けない理由が社会の中にあるなら、
今の世の中の流れはすごく頼もしい。

でも、働けない理由が、自分の心の中にあるなら。

今の世の中の流れは、心が苦しくなる一方。
環境は整えられてきているのに、自分は働くことに手も足も出せないのですから。

あまりスポットが当たらないけど、
そんなママも少なくないと思うんですよね。

ハード面(社会の環境)は頑張って整えようとしている動きがあるけど、
もっとソフト面(気持ち)を重視した支援があればいいのになぁ。

働きたいけど働けないと思っているママが、

自信を持って、

働きたいけど「働かない」って決められたら。

条件付きでも

「(今はまだ)働かない」って決められたら。

みんな、ものすごく前向きに暮らせると思うのです。

働けないを働「か」ないに。その違いは「自分が決めたかどうか」。

そうできたら、

よくある働きママvs専業主婦って言われちゃうような構図が、

世の中から無くなると思う。

一人ひとりが自信を持って、「自分はこう」って決められたらいいなぁ。

ライフプランでそれができるということをもっともっと伝えたい。

私が記事を投稿している「働くママを応援するサイト『ともえ』」は、

趣旨にとても共感して、ここで記事を書きたいって思ったので投稿しているのですが。

いつも気になっていたことをここで1つ、お伝えしたい私の本音。

私は、働くママとおんなじぐらい、働かないママのことも応援しています^^!

ママの最新就活事情①

北陸・近畿担当 キャリアコンサルタント系FP 生越悟子(おごちゃん)です。

 

新卒の学生の就活が、ピークを迎えつつありますね。
3月~5月は、学生に限らず、ママの就職活動も盛んになる時期です。
3月は年度末で、そこで仕事の区切りをつけたり、
子どもの卒業入学があったりと、生活が変化し、新しいスタートとなるからです。

4月の数字ですが、
全国のハローワークの求人倍率の平均は1.23倍です。
求人倍率は1倍以上だと、仕事を探している人よりも、求人の数の方が多いという意味になります。
私の住んでいる北陸は、1.4倍~1.6倍なので、
平均よりも高く、より、仕事がたくさんある、ということになります。

私は、地元の会社の人事担当者や経営者の方と
お話しする機会があるのですが、大体、どの会社も

人材を欲しがっています。
「誰かおらんか?」

「求人だしても応募がない」ってよーーく話に出ます。

じゃあ、今は、すごくluckyなんだね!
良かったあーーのかと言うと、残念ながら、そうではありません。

なぜか?

意外にも長くなったので、次回に続きまーす!
仕事する人PC1.jpg

 


 


このページのトップへ