HOME > 奮闘!フレンズ日記 > 奮闘!フレンズ日記 > 【1歳半~2歳児編 】はじめてのお小遣いシリーズ②講師自ら反省した出来事

奮闘!フレンズ日記

< 楽しくお財布にも優しいプランター栽培!  |  一覧へ戻る  |  【母の日】うれしい反面、大失敗 >

【1歳半~2歳児編 】はじめてのお小遣いシリーズ②講師自ら反省した出来事

記事を開いてくださってありがとうございます。
お小遣いあげる側も初めての なおママです。
 
保育園に10か月から通っていますが
連絡帳には常々
「習慣が大事ですね

まだ言葉は話さなくても大人の行動をしっかり見ていますよ
と書かれます。
 
まだわからないし、
というのは大人の勝手な思い込み。

2ヶ月ほどで効果、もしくは影響に気付くことができました。


外に行くときは帽子をかぶる
ご飯をいただく前には手を合わせる
こぼしたら目の前の台拭きでテーブルを拭く
 
等たどたどしい仕草ではありますが
家でも「いつもやっていること」をするようになりました。
 
さて、金銭教育ではどうでしょう。
0歳児のころは抱っこひもに入ってレジでのやり取りを見ていました。
1歳半になり歩けるようになると、カゴを持って歩きたがりました。
棚の商品を片っ端からカゴに入れられ
(爆買い?)
280511KIMG5346.jpg
母は「今日は●●を買いに来ただけだから要らないよ」と戻しながら
一向に用事が済まないという経験をしました。
 
子連れの買い物って本当に大変ですね。
でもネットスーパーには頼れません。
自分の目で確かめて買いたいのと
余分なものまで買ってしまうという失敗が続いたのです。
 
 
先日はATMを利用するためにコンビニへ。
自動ドアが開いた途端、娘が駆け寄ったのは雑誌コーナー。
 
大好きな幼児番組の着ぐるみキャラ、「わんわん」を見つけてしまったのです。
280511maewann.png
http://www.nhk.or.jp/kids/program/inaiinai.htmlより
 
 
あちゃ~しまった~!買物できない。(心の声)
 
その「わんわん」の雑誌、
上手に幼児目線のゴールデンラインに陳列されているのです。
 
カタコトの娘:「わんわん!わんわん!あ!あった!あった!」
 
しゃがみこんで動きません。
ここで買い与えては教育上よろしくないと穏便にその場を離れるよう語り掛けます。
 
母:「わんわんあったね~、他にいいもの無いかお店の中見てみようね~」
 
と抱き上げ意識を反らしました。
 
娘:「パパ!パパ!」
 
と指さしていたのはビール。
 
母:「あ、パパの飲んでるやつだね。●●ちゃんは飲めるやつ探そうか」
 
と飲むヨーグルトを買い与えることになりました。
 
 
この対応、私にとっては失敗です。
本当はATMだけで帰りたかったのに、
余計な買い物をしてしまったという反省。
 
私にとっての模範解答は
入店前に
「今日はお金を機械に入れるために来たから買い物は無しよ、見るだけね」
とお約束すべきだったと言う事。
 
「熱いからお鍋に触らないで」
「いただきます」は手を合わせる
外に行くときは自分で帽子を出して、頭にのせる(まだ上手にはかぶれないので^^)

言い聞かせたこと、
普段やっていることが
”そういうものなんだ”と自らするようになっているのです。
お買い物前の約束だってできます。
 
そして
幼児の「欲しい欲しい」を収めるには
「気を反らす」こと。
 
この「気の反らし方の良し悪し」が子供の将来を左右する。
 
成長してみないと分からない
子供の個性によっても対応は変わる
 
そういう一面もあるのかもしれませんが
「上手なお金の使い方・上手な買い物の仕方」
を身に着けて幸せな人生を送ってもらうには
母親自身の言動が影響しないわけないですよね?
 
私はFPmamaFriendsで学んだ「魔法の言葉とおこづかい」を
背筋を正してわが子に実践してまいります。
 
お読みいただきありがとうございました。

カテゴリ:

< 楽しくお財布にも優しいプランター栽培!  |  一覧へ戻る  |  【母の日】うれしい反面、大失敗 >

同じカテゴリの記事

イベントの季節ですねー!

こんばんは、福祉系学生FPのひとみママです。


年末年始と言えばO・TO・SHI・DA・MA!!
FPmamaも各地でセミナーを開催予定❤
nenmetu.png


子供が手にするには、法外な金額のお年玉をもらってしまった…
これってどうするのが正解!?

そんな疑問に、ママ講師がスッキリお応えします^^
最新セミナー開催情報は随時トップページで告知していきますので
チェックしてくださいね♪♪

ちなみに異色のセミナー、名古屋星が丘ボウルのセミナーが間近に迫っています。
ボーリングしながら、ゲームをしながら金銭教育!?
できちゃうんだな~♪
面白そうだなと思ったら、参加表明をお待ちしています♪

我が家の5歳息子も参戦予定!
ボーリングだからと言って子どもだけではないですよっ!
めったにない機会のイチオシイベントです。
ぜひご参加、ご検討ください^^

FPmamaChannelでは、去年お年玉をもらった私の息子、とーやんのお年玉の使い方を動画で紹介中!
ぜひ一度、見てみてくださいね♪
4歳でも、こんなに考えて、お金をやりくりしようと頑張っているんですよ。
というより、自分のお金があるからこそ、真剣に考える事が出来るようになるんですね。
自分のお金がなければ「あれもこれも全部買って!」だったのに…
続きは動画でどうぞ!
FPmamaChannel


ママの就活事情~介護学生編~

こんばんは!
学生福祉系FPのひとみママです。

通信で通っている社会福祉士科は実費を出していますが…
日中通っている介護福祉士科は、雇用保険の制度を活用しています!
都道府県によって異なるので、詳しくは調べてみてくださいね(^^♪
ちなみに、名古屋の場合は名古屋高等技術専門学校の雇用セーフティネット対策訓練というのがありまして…

70105 JAVAプログラマ養成科
70107 総務・事務実務科
70110 医療事務総合サービス科
70112 介護職員初任者研修科
70113 介護福祉科
70114 電気工事士養成科
70115 こども英語講師養成科
70116 マーケティングデザイナー科

こんなに沢山の講座があるんですよ!
ちなみに私は、介護福祉士科2年課程に在籍中。

全国の職業訓練の情報は、こちらから入手できます。
随時更新!なので、気になる方は毎月半ばくらいに定期的にチェック☆

この制度の素晴らしいところは、
雇用保険のいわゆる「失業手当」を受給しながら、職業訓練を受けると

訓練が終わるまでずっと、
「失業手当」が貰える
というところです^^


あ、学費は教科書代等を除き全額免除です。お得!


さてそんな雇用保険の職業訓練である介護福祉士科にいる訳ですが
春ごろから就活を初めて、最近ようやく「ここかな…!?」という会社とマッチしました。
というのも、小学校に上がる子供がいると、どうしても働ける時間が制限されます。

私の住んでいる地域には、偶然にも
「最悪夜中まで、何なら泊りでも対応できますよ」
という学童保育が存在していたので
基本夫婦で何とか時間をやりくりしていくつもりですが、
いざとなったら使える制度があると知ることで
安心して腰を据えて就活が出来るようになったことも事実。

いわゆる小1の壁…学童では18時までしか見てもらえない!
18時までに迎えに行ける仕事なんて…ほとんどないよー!!
なんて泣きそうになりながら就活していたのに
その学童の存在を知った途端

働ける!!という喜び

半端なかったですね。

index.jpg

介護業界、確かに引く手数多なんです。
でも求めているのは新卒の子。
子持ちは「夜勤出来ないと正職員としては…」これが常套句。
でもね、その求めている新卒の子もいずれ、家庭と子供を持つわけで…
そこで子持ちとして良いキャリアモデルを示さなければ、辞めちゃうの!

そのあたりで、仕事大好き人間の私は散々悔しい思いをしてきたので
きっちり後輩に、いい背中を見せることができたらな、と思っています。

一方で、負担をかけることになるのは多感になってくる息子。
小学生になるために、張り切っている彼ですが
まだまだ甘えたい盛りなのはめにみえてわかります。


でもね。
例えば高齢者の福祉施設で行くと、優しい気持ちになれるんです。
おじちゃん、おばあちゃんパワーですね。

仕事が大変だ、つらい、しんどい。。。
そんな話を聞き続けて、将来に希望、見えるでしょうか?
さみしい気持ちはお休みの日にたーっぷり聞いて
休みの日にはしっかり向き合って、ついでに仕事のストレスリフレッシュ。
そんな就職ができたらなと、思っています。

無謀なチャレンジも含めて10社以上履歴書を送りましたよ!
一応、「新卒」扱いになるので。笑
でもやっぱり、一番狙っている業種は即戦力を求めているし、、、
卒業まで待ってくれない企業が多数。
つらい状況が続いていましたが、学童の存在でかなり救われました。


結婚してからどこに住むのか?

 ★保育園が近い、しかも延長対応!
ここまでは考えていました。

 ★駅からも近い、自転車県内にスーパーがある!
これも大事ですよね

 ★遅くまで対応してくれる学童がある!
でも学童のことまで頭は回らず、、
結果的に比較的近い場所に学童がありましたが
私の場合は偶然!


出産でいったん退職する方は特に
小学校に入学後までのライフプランを持ってから
住居やその周辺環境から地固めをしていく必要が
すごくあるな~と、実感している次第です!

学生福祉系FP ひとみママの就活事情でした☆

お金の事を考えることはお金の事を考えることを手放すということ

静岡チームのさおりママです。

言葉遊びみたいな早口言葉みたいなタイトルになりました。


私達FPは、お金の事を考えるお仕事ですが、


そんな私が例えば我が家のお金の事をいつもいつも考えているかというと


そんなことはありません。


FPを名乗るのだから、知識や経験はいつでもアンテナを張ってどんどん積みたい!


とは思っているし、私は資格を取ってまだ2年そこそこではありますが、


そんな私なりにでも、ニュースから気になるキーワードを調べたり、


制度に詳しくなろうと思ったりと意識している部分はあります。


でも、もっともっと(我が家の収入として)儲けたい、とか、

楽して稼ぎたい、とか、

ちょっとも無駄遣いしたくない、

節約のことばかり考えている、などなど……


それは当てはまりません。


カネカネ星人、マネーマネー星人かと、思わないでください(笑)。


私、素直に書くと、FPの資格を取る前は、

「マネーセミナー」ってなにそれ詐欺か悪い勧誘じゃない?


って思ってたんですけど……ネーミングが、なんか軽いしチャラいわ、なんて。


資格取る前は、ですよ^^;。

だから、案外ママさん達のイメージもそうなのかな~なんて。


FPのマネーセミナー、すごーくいい話が聞けますよ。


あ、せっかくだから、FPmama のマネーセミナーにしておこう!


中身は

なんでそれ、学校で教えてくれないのよー!!という内容です。


で、タイトルに戻って、


「お金の事を考えることはお金の事を考えることを手放すということ」



私が特に強調している「ライフプランを考えること」とつながりますが、


我が家のお金がどうなってて、これからどうなりそうなのかという


「お金の事」をちゃんと知っておくと、


いつもいつも不安が付きまとって「お金大丈夫かな…お金大丈夫かな…」って


四六時中考えなきゃならない状況から解放されるんです!


だから、


「お金の事を考えることはお金の事を考えることを手放すということ」。


なので、


私自身も、我が家のお金の事を四六時中考えてる訳じゃないんですよ~


という、お話しでした^^。


マネーセミナーにしろ、ライフプランにしろ、一度お金と向き合ってみると、


お金の不安を手放すヒントが見つかるかもしれませんね^^


金運を呼ぶお片付け講座

静岡のお小遣い教室認定講師なおママです。
FPmamaとは少し離れ
整理収納の八木幸子先生とのコラボ講座を開催しました。

題して「40歳からの金運を呼ぶお片付け講座」
o0418041813675596474.jpg
(画像お借りしました)

モノがあふれている状態
「なんとかしなきゃ!」って思っていても
なかなか手を付けられないまま数年が過ぎ・・・

何とか暮らしていけてしまっているから後回しになるのですが
40代といわず、30代でも20代でも、
片づけたい人には一日も早く知っていただきたい

脳のタイプに合わせた片づけのコツ
ココロとサイフにやさしいモノの持ち方


をご案内しました。
ものが溢れている・・・ってことは
その分お金を使ったことになるんですよね。

どうして片づけられないか
何が片づけたい心を邪魔をしているのか
片付いた先に待っている「新しい自分・新しい暮らし」
ご参加の皆様A4用紙にびっしりとご感想をくださいました。

ライフオーガナイザー八木幸子先生のブログで紹介させていただいております。⇒こちら

キーワードは※※※※※!
次回開催は
9月静岡市
11月島田市
を予定しています。
お問合せ・先行予約は個別にお伺いします。
フェイスブックメッセージへどうぞ⇒https://www.facebook.com/nahoko.maeda3

お読みいただきありがとうございました。

【1歳半~2歳児編】はじめてのお小遣いシリーズ③欲望ブラックホールに吸い込まれた場合の対処法

記事を開いてくださってありがとうございます。
お小遣いをあげたことのないお小遣い教室講師なおママです。
 
「これほしい・買って!」とお子さんから言われたとき
 
「ダメ」
「今はお金ない、また今度」
「○○を(お勉強等)がんばったらね」
 
と答えるのはNGで
 
”魔法の言葉”を問いかけて
「お小遣いで買おうね」と働きかけると
物欲熱がクールダウンします。
 
とお小遣い教室でご案内しています。
 
お小遣い開始の適齢期は
4歳ごろとご案内してはいるものの
もっと小さい子に、FPmamaFriendsの考え方は当てはめることができるのか?
 
もうすぐ2歳のわが子に実践中です。
 
現在アンパンマンにダダはまりの娘。
 
スーパーで
コンビニで
ドラッグストアで
 
どんなにひっそりと陳列されていようが
「あんぱんまん!あんぱんまん!」
目ざとく見つけては指さします。
 
「これはいらないよ~」
「同じのおうちにあるからね~」
 
と ”ひっくり返ってダダこねられやしないか”
ヒヤヒヤしながら言い聞かせています。
 
先日とうとう
コーナーから立ち去ることができない事態に陥りました。
 
そこはイオンの中のゲームセンター
16-06-07-05-41-47-050_deco.jpg
 
ユーホーキャッチャー
の矢印を→↑の順に押しては
コイン投入口をカチャカチャ・・・
 
先日、主人と娘が二人きりのときに
1000円も使って挑戦したそうで
まだ2歳の娘に
「ゲーセン」「ユーホーキャッチャー」が
しっかりインプットされてしまっていました
 
「イオンに行ったらアンパンマンのユーホーキャッチャーができる」
と思われては懐具合も悪くなってしまうので
気が済むまで触らせておこうと見守ることにしたものの
いっこうに飽きてくれません。
 
本当はゲームセンターの隣にある
文具売り場に用があったのですが
買い物は断念か?という状況に。

そこで思いついたのが

16-06-07-05-53-52-083_deco.jpg
(娘の撮影)
景品の画像を撮影させることで
カメラを使い気をそらし、
アンパンマンを画像という形で手に入れることもでき
娘は満足しました。

この行動、大人の物欲コントロールにも応用できると考えました。
捨てられないものは撮影して省スペース化
という整理収納術がありますが、

「捨てられない」という
物欲・所有欲」を抑えるために
写真を撮る
ことが一つの解決になるのではないでしょうか。
 
お読みいただきありがとうございました。

はじめてのお小遣いシリーズ1歳半~2歳児編
その1・・・金銭教育の第一段階
その2・・・習慣と約束が大切

このページのトップへ