HOME > 奮闘!フレンズ日記 > アーカイブ > 2018年10月

奮闘!フレンズ日記 2018年10月

【おこづかいレポ】おこづかいで自然と身に付く「予算生活」

こんばんは。静岡チームさおりママです。

先週末は、地元の秋祭りがありました。
 

夏は夏でお祭りシーズンですが、
秋は秋で神社のお神輿だったり学校のバザーだったりと、お祭りが続きます。
 

子ども達は、七夕まつりのような街を挙げて盛り上がる大きなお祭りも好きですが、
地元の小さなお祭りも大好きです。
 

理由はカンタン。1つ1つの出店が安いからw

同じヨーヨー釣りや綿菓子も大きいお祭りでは1個300円とか500円とかしますよね。

地元のお祭りなら50円です。
 

なので、おこづかい生活の我が子達は、地元のお祭りの日はめちゃくちゃ張り切ってます(笑)。
 

このように、同じものでも値段に差があることに気が付いたのは、おこづかい生活のおかげです。
 

値段に関心がなければ、どちらのお祭りでも「ママ買って~」って言うのだろうし、
私が「今日は高いからダメ」なんて大人の事情で返事するより、
自分で「高っっ!」って思う方が、より実感が湧くものだろうと思います。


最近の出来事としては。
 

末っ子くんが、ついに「貯める」を覚えました

RPGゲームみたいですね^^

テッテレー♪ 末っ子くんは「貯める」を覚えた!レベルが1あがった!みたいな感じです。
 

プラレール購入を目標に大きい金額のお金を専用で貯めたことはあったけれど、
 

奮闘!フレンズ日記:おこづかいを貯めて夢のプラレールを買う【前編】
 

奮闘!フレンズ日記:おこづかいを貯めて夢のプラレールを買う【後編】
 

毎月のおこづかいに関しては、基本「もらったらすぐ使う」タイプで。
いつも月末には残高1ケタです(2円とか。むしろよくそんな上手くギリギリ買うなぁと感心する)。
 

末:「ママ、アイス買いたい。」
私:「今2円しかないじゃん。」
末:「あーそうだった。次のおこづかいまであと何日だっけ?」
私:「13日。」
末:「長っっ!!」
 

というやり取りが毎月のように^^;
 

でも、これで納得して、ちゃんと月末まで我慢するんですよね。
買って買ってと駄々こねしないのが、おこづかいのすごいところでもあります。
 

ところが先月はたまたま買い物についてきたりといったチャンスが少なく、
月額の300円のおこづかいのうち、140円しか使わなかったのです。
 

そして、今月。おこづかいをもらって、貯金箱を開けて一言。
 

末:「……ママ、なんか100円玉がいっぱいある♡ なんで?」
私:「なんでって、あんまり買わなかったからじゃないの?」
 

そして、『そうだっけ?』とおこづかい帳をチェックする末っ子くん。
 

末:「ほんとだ!一回しか買ってない。お金がいっぱいになった!」
私:「そうだよ、買わなかったらお金がいっぱいになったんだよ。」
末:「ふーん……。よーし!もっと増やそーっと♡。」
 

こんな感じで、貯めるとはどうすることか、小さい頭なりに理解した様子でした。
 

※貯めるばかりが良い訳ではありません。
FPmamaのおこづかい教室では、貯める力と同じくらい、「使う力」の大切さを教えています。
大切なのは、「貯める」と「使う」のバランス。それが「金銭感覚」ということです。


お姉ちゃん達はもうおこづかいは4年目になりますから、扱いにも慣れた様子。
 

先日すごいなーと思ったのは、月初めにカレンダーを見に来て、今月の予定を確認したこと。
 

「今月はお祭り2回とお出かけが1回あるのか。」
などと言いながら、どのイベントでいくら使おうかと、金額を自分で配分しているんです。
 

これ自分でやらないと、自分が困りますから(笑)。
 

この行動って、つまり「先のイベントを予測して、予算を決めている」ってことですよね。
 

扱うお金の大きさはまだまだ小さい金額ですが、予算という考え方がいつの間にか
自然と身に付いていて、親のこちらが驚きました。
 

大人の家計管理でも、予算って大事な考え方ですよね。

それがどういう意味かを言葉で教えるより、感覚的に掴むことができる。
 

末っ子くんのエピソードも同じで、貯めろと私が教えなくても、貯めるとはどういうことなのかを
感覚的に掴む経験をしています。
 

おこづかい=「自立力」
 

であることを、改めて実感するこの頃です。
 

20181010_234633.jpg

 

【自分で書くことに挑戦中の末っ子くんのおこづかい帳と、お祭りの戦利品(笑)】


☆『おこづかい教育って何だかおもしろそう!』と思って頂けたら、ぜひ私達FPmamaを呼んでくださいね!

ホームセミナーでの出張教室から、PTA行事や子供会行事など、少人数~大人数まで幅広く講座を組み立てます。

 


1

« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ